OCN光をブロードバンドナビで契約してIPv6対応ルーターが格安でGET!

Wi-Fi回線

下記記事では、ブロードバンドナビでOCN光を新規・他社転用で申し込むとIPv6対応のWi-Fiルーターもしくは、11ac対応のWi-Fiルーターが格安で購入できることを紹介しました。

今回は、ブロードバンドナビで販売している上記2種のWi-Fiルーターのスペックを調べてみましたので気になる方はぜひご覧ください。

Wi-Fiルーターを選ぶときの大事なポイント

まずはWi-Fiルーターを選ぶ際の大事なポイントについて説明したいと思います。

Wi-Fiルーターを購入するとき何を基準に選んでいますか?

家電量販店にいってみたら種類がたくさんあり値段もバラバラで、どれを購入すればいいのか分からず困った経験はあるかと思います。

ですが、最低限のポイントを押さえていたら失敗することはありません。

Wi-Fiルーターを選ぶ際の大事なポイント

  • Wi-Fiルーターを使用する環境に適しているか(自宅の間取り・広さ)
  • Wi-Fiルーターの規格
  • 通信速度

では、1つずつ解説していきます。

Wi-Fiルーターを使用する環境

まず1つ目は、Wi-Fiルーターを設置する自宅の環境の間取りです。

Wi-Fiルーターには推奨の間取りが記されていますが、あくまでも目安になるので推奨の間取りでないと使用できないというわけではありません。

しかし、ご自宅の間取りに対応できる範囲のものを購入するほうが快適に使用できますし推奨の間取りが広いほどWi-Fiが届くエリアも広がります。

Wi-Fiの規格

Wi-Fiルーターの規格
規格名称 最大通信速度 周波数帯域
11ad 6.7Gbps 60GHz
11ac 6.9Gbps 5GHz
11n 300Mbps 2.4GHz/5GHz
11a 54Mbps 5GHz
11g 54Mbps 2.4GHz
11b 11Mbps 2.4GHz

この表の上段にあるものから新しい規格の順になっており、周波数帯域の数字が大きいほどより高速な通信に対応しています。

一番上の11adは最新の規格で周波数が60GHzとこれまでのWi-Fiと比べると、とてつもなく速いのですが欠点が2つだけあります。

まずは60GHzは電波の直進性が高く遮蔽物があると電波が遮断されます。自宅で使う場合はドアや壁があるのでせっかく高速通信に対応していても電波が遮断されてしまい、まだ実用には適していないと考えられます。

もう一つの欠点が端末側の対応が進んでおらず、せっかく11adのWi-Fiルーターを購入してもまだまだ一般的に利用するのは厳しい状況です。Wi-Fi規格を見るときは1つ下の「11ac」に対応した製品であるかを確認しましょう。

ですが、11acも普及しはじめて間もない最新規格なので、自分が使用しているパソコン、スマホが11acに対応しているかをあらかじめチェックする方が良いでしょう。

ただ、最近のWi-Fiルーターは複数の規格が対応可能となっているのが一般的なので「11ac」が対応していれば、それ以下の周波数帯域にも対応している可能性が高いです。

Wi-Fiルーターの通信速度も重視したい

光回線の通信速度は通常1Gbpsと高速ですが、Wi-Fiルーターの性能が悪いとWi-Fiで通信したときに通信速度が遅くてインターネットが楽しめないといったこともあります。

Wi-Fiルーターを選ぶ上でWi-Fiに繋いだ時に、「インターネットが快適にできるぐらいの通信速度はあるのか」といったポイントも購入する際は大事なポイントです。

ブロードバンドナビのOCN光加入特典で格安購入できるWi-Fiルーター

以上のWi-Fiルーターを選ぶ際の大事なポイント3つをふまえた上でブロードバンドナビが販売しているWi-Fiルーターのスペックについて紹介していきます。

IPv6対応のWi-Fiルーター

機種はAtermのWG1200HS3になります。

こちらのWi-Fiルーターのおすすめポイントは

  • IPv6通信に対応+【IPv6 High Speed】でさらに高速通信!
  • ビームフォーミング&MUーMIMO機能を搭載
  • ハイパワーシステムで広範囲の通信が可能
  • 11ac対応で867Mbpsの高速Wi-Fiルーター

では順番に説明していきます。

【NEC独自の技術IPv6 High Speedで高速通信】

  • NEC独自技術の【IPv6 High Speed】により通常のIPv6通信より約3倍も高速化されます!

【ビームフォーミング&MU-MIMO機能搭載】

  • ビームフォーミングとは、電波干渉を減らしより遠くまで電波を届けられるようになる技術の事です。本ルーターはビームフォーミング対応のスマホや端末を自動で検出し、電波を集中的に送信するため繋がりやすく実行速度もUPする機能です。
  • ビームフォーミングを利用して複数の端末と通信速度を落とさずに同時通信を可能にする機能が【MU-MIMO】となり、より快適な通信が実現します。

【ハイパワーシステム搭載で電波が遠くまで届き広範囲の通信が可能】

  • ハイパワーシステムにより電波が遠くまで届くので1階から3階まで家中隅々まで快適な通信が可能です。

【11acにも対応した高速Wi-Fiルーター】

  • 最新規格の11acにも対応しています。

11ac対応のWi-Fiルーター

機種はELECOMのWRC-1167FSです。

こちらのWi-Fiルーターのおすすめポイントは

  • 最新規格の11acに対応
  • ビームフォーミングZを搭載
  • スマホでもパソコンでもカンタンにセットアップが可能

では順番に説明していきます。

【高速無線LAN新規格「11ac」に対応】

  • 11acに対応しており従来規格の「11n」に比べて約280%アップの867Mbps(最高速度)を実現しています

【ビームフォーミンZ機能を搭載】

  • ビームフォーミングZ対応端末へ集中的に電波を送信する事が可能です。Wi-Fiルーターから離れた場所や遮蔽物が多くて電波が届きにくかった場所でも快適に利用できるようになります。

【セットアップがカンタンに可能】

  • アプリのダウンロードやCDドライブも不要でパソコン、スマホ・タブレット単体でも設定が可能なのでカンタン!

まとめ

ブロードバンドナビが販売しているWi-Fiルーターのスペックについて紹介しました。

IPv6を使用してインターネットを快適に利用したい方には「IPv6対応のWi-Fiルーター」をおすすめしますし、少しでもコストを抑えて品質の良い物を使用したい方には「11ac対応のWi-Fiルーター」が良いかと思います。

上記2種のWi-FiルーターはブロードバンドナビにてOCN光を新規・他社転用申し込みの方限定で販売しておりIPv6対応のWi-Fiルーターは「3,980円」、11ac対応のWi-FIルーターが「980円」で購入可能となっていますので、OCN光を検討中の方はこの機会にいかがでしょうか。

詳細は下記リンクのページからご覧ください。

ブロードバンドナビのWi-Fiルーター詳細ページ